いじめは止めよう

いじめは、精神的・体力的・立場的に自分より立場が弱い者を、暴力や偏見、いいがかりなどによって一方的に精神的に追い詰める行為をいいます。
子供の世界、大人の世界、社会の世界でも多く問題が出されており、特に近年は子供の自殺があると、学校の管理責任が大きく問われます。
また、いじめられていないから大丈夫という訳でもなく、突然被害を受けたりして、ひきこもりや不登校になるなど、現代では大きな社会問題と考えられます。

さらに、大人の世界では、ブラック企業や会社でのいじめも明らかになってきており、以前と較べて歯止めがかかりやすくなっています。
また、家庭内で親がこどもをいじめる行為なども、家で親にいじめられている子供が他の子供をいじめるという連鎖も生まれています。
この終わりのないいじめの実態は、人間関係と以前では片付けられ、本人の行動に責任があると考えられましたが、ストーカー殺人などの事例も踏まえ、一概に人間関係がうまく構築できていないからと片付けられない現状にあります。

さて、学校現場でもいのちの授業が盛んになり、特に小学校や中学校の道徳の授業で行われています。
今回は、いじめをなくすために行われている命の授業について話をしていきます。
さて、この冒頭の題名ではいじめを止めようという話題ですが、いじめは本当に無くなるのでしょうか、疑問に思うはずです。
そして、変わらずに起こっているいじめ自殺の事態を、あなたは本人の責任と片付けられるでしょうか、また、未来のいじめを無くす授業はどう変化しているのだろうか考えてしまう人もいるはずです。

Copyright © 2014 いじめをなくすために行われている命の授業 All Rights Reserved.